肌は、汗や皮脂、角質片(アカ)などの排泄物や、ほこり、メイク化粧品で毎日汚れます。


これらをそのままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、細菌感染から肌のトラブルを
起こす事もありますので、肌の清潔を守るためにも洗顔をします。

粘土の洗顔料は、メイクなどの油を落とす洗浄力がありません。
古い皮脂や角質を取り除き、新しい皮脂の分泌を促し、肌の新陳代謝を促すお手伝いをするだけ
美しい素肌づくりには、スキンケアやメイクの見直しと洗顔料の使い分けが大切です。

 リキッドファンデーションやコンシーラなどの油分が入っているメイクをしている方

メイクを落とすにはクレンジングと泡洗顔。その後できれば粘土で洗顔。
何度も洗いたくないという方は朝の洗顔は粘土で洗ってください。

★油分の入っていないパウダーメイクの方

粘土の洗顔料で落ちます。

オイリー肌の方はパウダーの付きがいいので時々泡洗顔をした後粘土で洗顔。
朝は粘土で洗います。
界面活性剤フリーだからこそ、ダメージ肌を救う洗顔料として長くお使いいただけます。